DRINKS サステナブルドリンク

アサヒとECOALFが、環境と食の未来のために挑戦する
衣と食のプロジェクト「UPCYCLE B」。

このプロジェクトから生まれたクラフトビールが、
「蔵前ブラック」「蔵前ホワイト」。
廃棄されるはずだった食べ物を
オリジナルクラフトビールにアップサイクル。

“誰かのために飲む一杯”
おいしくて、しかも人にも自然にも優しい、
だからこそ心から楽しめる。
そんなビールやドリンクを、今後も様々な人たちとのコラボレーションで続々と実現していきます。

東京のブルックリンと呼ばれる台東区蔵前。小さなエリアにたくさんのカフェや焙煎所があります。
テスト焙煎の余りなど、売り物にできずにやむなく廃棄されているコーヒー豆がありました。
そんなもったいないコーヒー豆をコーヒークラフトにアップサイクルしました。
コーヒー本来の香りを楽しんでいただくため、コーヒーを抽出した後に、スタウトビールとブレンドする方法で製造。
ブレンドの比率は集まってきた豆の味わいによって、少しずつ変えています。毎回少しずつ異なる香りや味わいを、ぜひお楽しみください。

蔵前の人気サンドイッチ店「マルセリーノ・モリ」では創業以降続けているこだわりがあります。
それはパン耳を切ってから具材を挟むこと。手間はかかりますが、パン耳に具材が付着しないので、耳の再利用がしやすくなります。
しかし、日々大量に発生するパン耳は使い切れず、どうしても廃棄せざるを得ない状況に、心を痛めていました。
そんなもったいないパン耳を、地域連携で回収・加工し、ブレッドクラフトにアップサイクルしました。
味の決め手は、オーブンでのラスク加工福祉作業所での丁寧な作業で、
ホワイトエールのフルーティーさに、香ばしさが加わり、蔵前WHITE の味が完成しました。

アサヒユウアス株式会社

「たのしさ・おいしさ・ここちよさ」がめぐる未来を、
あなたと私たちで共創する。