〈堺市との共創〉小学生と一緒に身近なプラスチック製品からリサイクルの大切さを考える!

 6月27日()に、大阪府堺市にある平尾小学校で、アサヒユウアス社が小学4年生を対象に出前授業を行いました。
 
こちらは、堺市で実施しているごみ減量出前講座と共創した取組で、授業の内容はプラスチックごみの削減についてです。

 まずは、堺市役所 資源循環推進課の方から市のごみの現状についてお話を聞きながら、4Rの取り組みについて紹介があったあと、ユウアス社の出前授業がスタート。
 
身近なところにあるプラスチック製品を思い浮かべながら、プラスチックの生産量やごみの量など現状を知っていただき、プラスチックごみのリサイクルする大切さを実感いただきました。
 
また、ユウアス社のアップサイクル品である「森のタンブラー」や「Coffeeloop」、「アルミloop」などを手に触れていただきながら、プラ削減の具体的な取り組みについても体感いただきました。
 
最後に、ペットボトルやキャップのリサイクルについて、クイズや動画を視聴しながら正しいリサイクル方法についても学んでいただきました。

 元気よくあいさつやクイズに答えていただきました平尾小学校 4年生のみなさん、ありがとうございました!

元気にクイズに参加する生徒のみなさん
森のタンブラー等に触れていただきました!

SHARE