<神奈川県相模原市との共創> さがみはら津久井産材を活用した 「森のタンブラー for さがみはら」がイベントで交換されました!

〈共創パートナー〉

神奈川県相模原市

〈森のタンブラー for さがみはら〉

 相模原市内で生産された木材の中から、「さがみはら津久井産材」として認証する産地証明制度で、流通の促進を図っています。
 今回
の森のタンブラーでは、このさがみはら津久井産材を製材した際に発生するおがくずを使用して作成しています。

〈ここに注目!〉

 相模原市の森林面積は、約19,000ヘクタールで、市の総面積の約60%を占めています。
 その多くは、スギ、ヒノキなどを植林した人工林であり、枝打ち、間伐などの適正な管理を経て、伐採、搬出、製材を経て市場に流通させる必要があります。
 しかし、木材価格の下落、林業従事者の減少等様々な理由により、管理がされず放置された人工林が多くあるのが現状です。
 放置された人工林は、日が入らず暗くうっそうとした状態となり生物多様性が失われるとともに、しっかりと根が張らず、土砂災害のリスクが高まります。
 令和元年東日本台風では、市の中山間地域で多くの土砂災害が発生し、家屋倒壊や道路の崩落など、甚大な被害をもたらしました。
 森林の持つ多面的機能を将来にわたり、維持・発揮させ、森林を再生可能な資源として循環的に活用していくためには、適切な整備による健全な森林の保全・育成を継続的に行っていくことが重要となります。
 そのために、私たちは森林の役割を理解し、市内の木材を消費していくことが必要となっています。

〈どこで活用されているの?〉

 4月6日、7日に開催された桜まつりで、アプリ「まちのコイン」5000すもーで、交換されました。
 

素材となった津久井の森
森のタンブラーが交換された相模原市民桜まつり

SHARE