AGFⓇのコーヒー開発プロフェッショナルの味覚・嗅覚研究を経て、味の素AGFと共同開発したエコカップ「Aroma Loop」を、ECサイト「アサヒユウアスモール」で5月14日販売開始しました!

味の素AGF(「ブレンディⓇ」ブランドを代表とする嗜好飲料メーカー)の工場から発生するコーヒーの副産物を利用したエコカップ「Aroma Loop(アロマループ)」。クラウドファンディング「Makuake」では、支援額30万円の目標に対し、3月8日からの1カ月で400万円を超えるなど想定以上の反響をいただきました!

Aroma Loopは、コーヒー開発プロフェッショナルの味覚・嗅覚研究を経て、「コーヒーの香りがひきたつカップ」の形状を追求。広い液面から生まれた香りをカップ内に留め、飲む瞬間に確かな香りをお楽しみいただけます。また、二重構造で温度が長持ちしやすいのも特徴です。軽くて丈夫なこのカップは、ご家庭での使用はもちろん、オフィスや、アウトドアなど場所を選ばずお使いいただけます。

Aroma Loopは、コーヒーが美味しく飲めるだけでなく、工場から発生する規格外の廃棄コーヒー豆・粉をアップサイクルしているため、コーヒー豆由来の風合いを感じることができることも特徴のひとつ。サーキュラーエコノミーの構築を目指すCoffeeloopプロジェクト」の取組みのひとつとして、味の素AGFとアサヒユウアスがAroma Loopを開発しました。

大量購入・オリジナルロゴデザイン・自社のコーヒーかすを使って作りたい などのご要望にもお応えできます。

問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。開発者が直接対応いたします。

■味の素AGFについて

味の素グループのコーヒー・粉末飲料事業の中核会社として、コーポレートスローガンである「いつでも、ふぅ。AGF」を実践。「ココロ」と「カラダ」の健康、「人と人とのつながり」、「地球環境との共生」をはじめとするサステナブルな社会の実現を目指し、最高のおいしさで一杯の価値を提供する「日本発の愛される嗜好飲料メーカー」を目指しています。

SHARE