サンマルクグループ様では、持続可能な社会の実現に貢献するとともに、経営理念の実現に向けてグループ全体でサスティナビリティ活動に取り組まれています。

今回、サステナビリティ活動の一環としてアサヒユウアスが取り組んでいる"すみだCoffeeloop プロジェクト"に参加いただき、墨田区店舗「サンマルクカフェ両国西口店」や墨田区内のカフェや企業から排出されたコーヒー豆かすをアップサイクルしたオリジナルデザインの「Coffeeloopカップ」をお冷コップとしてのご利用が始まりました。

サンマルクカフェ(プレスリリース)はこちら https://www.saint-marc-hd.com/saintmarccafe/news/678/

Image.jpg

Coffeeloopプロジェクト」について

Coffeeloopプロジェクト」は、国内のオフィスやカフェなどから出たコーヒーの副産物をアップサイクルするプロジェクトです。限りある資源を循環させることで、廃棄物の発生を抑制するサーキュラーエコノミーの構築を目指しています。

2023年10月からは東京都墨田区と連携した「すみだCoffeeloopプロジェクト」を開始し、区内のカフェや企業から発生したコーヒーかすを使ったリユースカップ「すみだCoffeeloopカップ」を開発しました。

■「すみだCoffeeloopプロジェクト」の詳細はこちら https://www.asahi-youus.com/article/202310047700.html

「Coffeeloopカップ」について

コーヒー抽出後のコーヒーかすと間伐材の木粉、リサイクルポリプロピレンを使って製造します。リサイクルポリプロピレンはプラスチック素材ですが、株式会社メニコンのコンタクトレンズの工場で発生する未利用の端材を原料としているため、新規プラスチックを利用していません。カップの表面は業務用食器洗浄機に対応する強度を維持するため、山中漆器の職人による"塗り"の技術によるコーティングを施しました。

SHARE