100%植物由来の生分解性プラスチックをコースターにアップサイクルし、川崎キングスカイフロント東急REIホテルの客室およびホテル内カフェで使用を開始。

東急ホテルズ&リゾーツ株式会社と協業し、同社が運営するホテルのアメニティとして使用した使い捨ての歯ブラシの柄やヘアブラシをアップサイクル。ホテルを利用する顧客層に合わせた製品を開発することで、廃棄物の削減に取り組んでいます。

本年9月に発表した新大阪江坂東急REIホテルの靴べらに続き、第2弾として、川崎キングスカイフロント東急REIホテルでお客様が使用した歯ブラシとヘアブラシからコースターにアップサイクル。2023年12月12日(火)より客室および「The WAREHOUSE BUSINESS LOUNGE & CAFÉ」(1階)に設置します。
第一弾の記事はこちら

アサヒユウアスでは、「森のタンブラー」や「森のマイボトル」などこれまでの商品開発の知見や経験、ネットワークを活用し、使い捨てアメニティの回収から成形までの工程を工夫することで、アップサイクルすることに成功しました。

東急ホテルズ&リゾーツでは、環境に配慮した取り組みの一環として、株式会社カネカが開発した素材「カネカ生分解性バイオポリマー Green Planet (以下、Green Planet)」※を使った歯ブラシとヘアブラシをアメニティとして提供しています。
「Green Planet」は100%植物由来の生分解性バイオポリマーで、海水中など幅広い環境下で優れた生分解性を備えています。

本取り組みを実施するにあたり、同ホテルでは使用済みのGreen Planet専用の回収ボックスを用意しています。通常のプラスチックなどGreen Planet以外の素材が混ざると、純粋なGreen Planetのアップサイクルが出来ないためです。
お客様のチェックアウト後、清掃係がGreen Planet のアメニティのみを専用回収ボックスへ投入します。お客様にもこのアップサイクル事業をお伝えし、ご協力いただける際にはご自身で投入いただくことも可能です。

今後、個々のホテルを利用する顧客層に合わせた製品を開発することで、継続的な活用を行い、廃棄物の削減に取り組みます。

アメニティをアップサイクルしたコースター
Green Planetを使用した歯ブラシ
アップサイクルのしくみ
回収ボックス
川崎キングスカイフロント東急REIホテル
Green Planetを使用したヘアブラシ

SHARE