「森のタンブラー」「森のマイボトル」を活用した「ワンウェイプラスチック削減プロジェクト」を加速

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社とワンウェイプラスチック削減の推進に関する業務協定を締結し、当社の有機資源を用いた飲料容器「森のタンブラー」や「森のマイボトル」を活用した「ワンウェイプラスチック削減プロジェクト」を加速させていきます。

「ワンウェイプラスチック削減プロジェクト」は、当社の有機資源を用いたリユースカップ「森のタンブラー」や国産間伐材を活用したエコボトル「森のマイボトル」と、ウォータースタンド社が取り扱う水道直結型ウォーターサーバー「ウォータースタンド」を活用したプロジェクトで、本年9月に開始しました。「ウォータースタンド」は誰もがアクセスできる水道水を活用し、いつでもおいしい飲料水が使える利便性の高さと、ボトルの運搬や容器を必要としない環境に配慮したシステムが支持され、環境負荷低減に取り組みたい企業や学校、子育て世帯を中心とした個人のお客さまの自宅に導入されています。「森のタンブラー」・「森のマイボトル」と「ウォータースタンド」をセットで、ホテルなどの宿泊施設や学校、企業に提案し、ワンウェイプラスチック削減を推進します。

今回の業務協定の締結により、互いのネットワークを生かし販路を拡大することで、より多くのお客さまにワンウェイプラスチック削減の提案をします。またアサヒユウアスが出展するイベントなどでの無料給水スポットの設置や、ウォータースタンド社のショールームで実施する「森のタンブラー」を用いたお絵描きワークショップの実施などを通じて、取り組みの認知拡大と環境負荷低減に努めます。

今後もアサヒユウアスは共通の課題認識を持つ社外のステークホルダーと連携し、サステナブルな商品やサービスを通じて社会課題の解決に取り組むことで、持続可能な社会の実現を目指します。

ウォーターサーバーと森のタンブラー

SHARE